患者さまの笑顔のために、スタッフ一同笑顔でお出迎えいたします!

〒710-0842 岡山県倉敷市吉岡537-21【駐車場10台完備】

当院HPのSSL対応完了、安心してご覧頂けます

086-435-6480
診療時間
月~金 9:00~12:30/14:30~18:30
土曜日 9:00~12:30/14:30~17:00
休診日
木曜・日曜​・祝日
※祝日のある木曜日は診療いたします

ご予約・お問合せはこちら

ここだけの話3「麻酔」

麻酔のリスク

歯科治療時の「麻酔」は苦手な方がほとんどだと思います。もちろん私自身も好きではありません。しかし強い痛みを伴う事の多い歯科治療ではとても重要で必要な物です。抜歯や神経の治療、大きなむし歯の時には麻酔無しでは処置できません。「歯医者さんって患者の痛みが分かってないのでは?」という疑問の声を知 人からお聞きする事もありますが、もちろん分かっています、分かっているからこそ麻酔を行うのです。口腔内はもの凄く繊細で鋭敏な部位ですから・・・。し かし麻酔を行う事には「リスク」が付いてきます。

気分不良

十分にお話を聞いていてもその日の体調によっては気分が悪くなる方が居られます。
精神的な緊張感から来る事がほとんどです。

アレルギー

既往はもちろん確認していますが、ある日突然起きる事も珍しくありません。
今までと同じ麻酔液でも今回が大丈夫な補償は無いのです。
重篤な場合は生命の危険もあります。

咬傷

子供の場合に多いのですが、麻酔の効果が残っている場合に起きます。
しびれていると痛くないし違和感があるので噛んだりします。そして傷口が感染してしまうととても腫れます。「食事は麻酔が覚めてから」というのは咬傷予防のためにお伝えしています。

刺入部の感染

当クリニックの針は一般に使用する中で最も細い物を使っています。
断面はとても小さい物です。しかし、口腔内にはとても多くの細菌が存在するために感染が起きます。
また、麻酔後は血管収縮剤の効果で血流が少なくなるので感染の成立が起きやすいです。

こんなにリスクがあるのですから、私たちは決して安易に麻酔をしているのではありません。
それでも処置の内容によっては麻酔の使用を選択せざるを得ないのです。

変な質問?

当クリニックでは処置前に「麻酔をしましょうか?」とお聞きする事があります。

「何でそんな事聞くんだろう、さっさとすればいいのに」と思わないでください。

明らかに痛い事が予想される処置の場合は「麻酔をします」とお話ししています。

「麻酔をしましょうか?」とお聞きする場合はあまり痛くないと思われる場合です。

ケースとしては大きくないむし歯の処置の場合に多いです。

もちろん痛みの感じ方は様々ですから痛みの苦手な方の場合は麻酔を行います。

ただ、痛くない場合に麻酔をする事は上述のリスクをいたずらに増やします。

また麻酔が覚めるまでの違和感が苦手な方もおられます。

効かない麻酔?

「麻酔したけど効かなくて痛かった!」という声をお聞きすることがあります。

また、私自身これまで麻酔をしたにも関わらず効果が得られず困った事があります。

何故麻酔が効かない事があるんでしょうか?。

解剖学的な問題

一般に上顎(上の歯)で麻酔が効かない事は少ないです。

麻酔が効かないのは下顎(下の歯)の奥歯であるケースが多いです。

これには顎の骨の形が大きく影響しています。上の歯や下の前歯では顎の骨の表面構造が比較的薄く、下の奥歯では非常に厚いです。

歯の神経は根っこの一番先から出入りしますので根っこの一番先まで麻酔液が届かないといけません。

しかし骨の表面が厚いとなかなか液が浸透しにくく麻酔が効きません。

下の奥歯の場合は歯の周囲に麻酔を何回も刺す事があります。針を刺す回数は多くても麻酔液の量は普段と変わりませんから御安心下さい。

精神的な問題

強い痛みが続いている時、神経は鋭敏になっています。

痛みに大して非常に警戒していますから麻酔が効きにくくなります。

このような場合は麻酔前に緊張をほぐすよう努力しますが、完全に緊張をほぐす事は困難です。

また以前に麻酔が効かず痛かった記憶があると効きにくいようにも思います。

体質の問題

非常に希ですが、本当に麻酔の効きにくい体質の方が居られます。

下の奥歯はもちろん上の前歯でも麻酔が効かず、効いても直ぐに効果が切れます。

このような場合は非常に困難ですが、短い時間内に処置を行います。

一度に多く行わない事で対応するしかないでしょう。

当院での痛くない麻酔への取り組み

当クリニックでは痛みの少ないない麻酔を行うためにいくつか工夫を行っています。

針を刺す前に表面麻酔(塗り薬)を使用

麻酔で痛いのは針を刺す時と液の入る最初です。表面麻酔をする事で刺入時の痛みは緩和されます。

使用する針は一般に市販されている中で最細の35ゲージ

当クリニックでは先日発売された歯科用で最も細い35Gの針を使用しています。太い針よりも細い針の方が痛みも少ないのです。

電動注射器を使用。

下の奥歯の場合は麻酔が効きにくいので電動注射器を使用する事があります。

コンピューター制御により一定の速度で注入しますので痛みも少ないです。

また音楽も流れるので子供の場合も緊張感がほぐれます。

さて、長々と麻酔について本音を書かせて頂きました。

しかし一番の本音(希望)は「麻酔を使わない診療を行いたい」のは言うまでもありません。

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せ

086-435-6480

診療時間:9:00~12:30/14:30~18:30
土曜午後は~17:00まで

休診日:木曜・日曜・祝日
祝日のある木曜日は診療いたします

ご予約はこちら

ご予約はお気軽にどうぞ。

086-435-6480

お問い合わせはフォームまたはお電話にて受け付けています。

新着情報

2018年8月21日
「ホワイトエッセンス倉敷吉岡」OPEN!(詳しくはこちら
2019.5.17
New!! クラスBオートクレーブを導入しました!

診療時間

診療時間
 
午前 ×
午後 ×

午前 9:00~12:30
午後 14:30~18:30

△:土曜午後は~17:00まで
※祝日のある木曜日は診療いたします

休診日

木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある木曜は診療いたします

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

086-435-6480

アクセス

086-435-6480
住所

〒710-0842
岡山県倉敷市吉岡537-21